数字で見るくだもの
海外では、くだものを毎日440g食べるところも!

我が国の1人当たりくだものの消費量は世界各国の平均より低く、先進国の中では各国を大きく下回って最低クラスです。アメリカの1人当たり摂取量は日本の約1.9倍、オランダは約3.2倍、イタリアでは約2.8倍にもなります。外国ではくだものを食材として日常的に食べるほか、ジュースやジャム、シロップ漬け、缶詰等の果実加工品を食べる習慣があります。私たち日本人も、デザートとしてはもちろん、普段の食事の中に取り入れ、もっと積極的にくだものを摂取するよう心がけましょう。

果物の消費量
(出典)  FAO「FAOSTAT」から作成
数字で見るくだもののトップへ戻る 前のFILE 次のFILE
Copyright (c) kudamono 200. All Rights Reserved.
page top